引退

競走馬には出場できるレースの上限回数が決まっており、上限に達した馬は引退となります。

引退した馬は種牡馬や繁殖牝馬として、新たな仔馬を誕生させることが可能です。 また、種牡馬は自家繁殖には使用できますが、シンジゲートでマーケットに販売するには好成績を残すなど一定条件が必要になります。

最終更新