繁殖牝馬

引退した全ての牝馬は繫殖牝馬として使用することが可能です。

繁殖牝馬の繁殖回数は予め上限が決まっているので、交配相手は慎重に選びましょう。

繫殖牝馬はマーケット上に出品することが可能で、繁殖回数も引き継がれます。

最終更新